女性画像

医療脱毛Navigate TOP › 医療脱毛の体験談3

待ちに待った医療脱毛を行った女子大生のお話です!

大学生になったら、脱毛すると決めていました。アルバイト代を貯金していって、やっと脱毛ができる額が貯まった時は本当に嬉しかったです。
大学から家の乗換駅になる都内を選んだのは都内の駅に憧れもあったからです。
都内で脱毛クリニックで医療脱毛をしてお買い物をしてから帰るのが憧れで大人の階段を昇ったような気もして、嬉しくなりました。

他の脱毛クリニック、エステサロンも候補にあったのですが、私がクリニックでの医療脱毛を選んだ理由は、肌がもともと弱くて白いので赤くなっちゃった時にお医者さんに診てもらう可能性もあったからです。
大手のエステサロンでもよかったのですが、エステサロンのクチコミやサービスの違いを見ていくうちに脱毛を行なっているクリニック、しかも女性専門の医療脱毛がいいんじゃないかと思ったため医療脱毛を選んでいます。

医療脱毛の脱毛クリニックは、私が思い描いていたイメージと違っていました。
女性専門の脱毛クリニックというと、ピンク色の女子が好きそうな雰囲気の院内であることが多いと思い込んでいたのですが、医療脱毛の脱毛クリニックは医療機関なので全く違いました。
白いカウンターに白衣を着た受付の女性がいて、衛生的でエステっぽいイメージとは少し違っていました。
ですが、個室が多くあってそこはエステでした。行って、最初にカウンセリングを受けて、予算の話をして、脱毛の話を聞いてビデオを見てから施術に入ります。
私の場合は未成年なので、親の同意書を持っていきました。
未成年でも親は私がお金を払えばそこまで干渉しなかったので、同意書も簡単に書いてくれました。

気になる痛みですが、エステティシャンの人がゴムで弾かれたような痛みですと説明してくれて全くその通りです。
寝てしまう人もいると言われましたが、そこまでではなくてゴム鉄砲で弾かれているような気分です。
無茶苦茶痛いわけではないけれど、寝れるほどじゃないといったところで思ったよりかは痛くなかったのでよかったです。

施術が終わって、冷却ジェルをつけて一定時間置いてから施術は終了。
その後次回の予約を取ります。何回か通っていますが、少しずつ毛は減っていて、完了するまでが楽しみです。