女性画像

医療脱毛Navigate TOP › 医療機関での医療脱毛はレーザー脱毛

医療機関で行われる医療脱毛はレーザー脱毛の事です

レーザー脱毛の中でも、医療施設で行う脱毛を医療レーザー脱毛といいますが、これは医療レーザーを扱えるのが医療機関だけであり、エステサロンなどでは扱う事が出来ないからなのです。
また、この脱毛は医療脱毛とも呼ばれていて、エステサロンでの脱毛とは区別されています。

脱毛が行われるメカニズムはどのようになるのかですが、施術を行う箇所に一定の出力のレーザーの光を照射させます。この時照射させる時間は僅かな時間であり、ずっと照射を行うものではありません。
肌にレーザーの光が照射されると、レーザーの光は黒いものにだけ反応を起こすと言います。そして脱毛では、この黒い部分でもある毛根やメラニン色素にだけ反応がいくようにするのです。

因みに、医療脱毛などを行う場合、日焼けをした肌では脱毛の効果が無いとか、弱くなるとか言われます。中には脱毛が出来ないとはっきり言われる事もあるわけですが、これはレーザーの光が黒い物に反応する性質を持つもので、肌を焼いてしまうと広範にわたりレーザーの光は反応を起こす事になるからなのです。
そのためレーザー脱毛などの施術を受ける時は肌を焼く事は辞めるべきなのです。黒い部分にレーザーが照射されると、メラニン色素や毛根はダメージを受ける事になります。施術を行った時はダメージを受けるだけになりますが、それから1週間から2週間もすると自然と抜け落ちていくのです。
組織部分が破壊される事で、同じ箇所から毛が生えて来ないことからも、永久脱毛としての効果もあるのです。