女性画像

医療脱毛Navigate TOP › 医療脱毛のアフターケア

医療脱毛はアフターケアも専門医が責任を持って行ってくれます

脱毛を行ったあとの肌や毛穴はとてもデリケートになっているために、通常よりも念入りな手当が必要となります。
その点でも医療脱毛を受けられる事は、自己処理やエステサロンなどで行った場合に比べて、アフターケアの点からも最良であると言えます。

脱毛後、施術を行った箇所に少しでもトラブルが発生した場合には、担当医師や看護師による速やかな治療を受ける事が出来るものです。トラブルをできる限り防ぐためには、医療脱毛後のアフターケアを重視することが大切です。

脱毛治療後に注意したい点がいくつか挙げられるもので、特に脱毛治療を受けた当日には、飲酒や、入浴などの脱毛した皮膚や毛穴に余分な熱を加える可能性のある事柄を避けることが大切です。もちろん運動なども避けるべきです。
脱毛した箇所をこすることも刺激につながるために避ける事が大切になります。
汗を抑えるデオドラント製品の仕様も避ける必要があります。

近年特に多く行われる方法であるレーザー照射は、ムダ毛の毛根にあるメラニンへ集中して向けられることで、メラニンが破壊された皮膚は、紫外線の影響を通常以上に受けやすくなり、脱毛後は日焼けどめクリームの使用などにより、日焼け対策を念入りに行われることも大切なものです。
炎症を起こさないために、消炎効果の高い塗り薬が処方される場合もあるもので、治療を受ける個々人の状態を見極めて治療を行っている担当医の指示に忠実に従うことも、治療後の回復を早める結果となります。
特に日焼けに弱い状態になるために、肌を露出しにくい冬期間が、医療脱毛を受け始める時期としては適しているとも言えます。