女性画像

医療脱毛Navigate TOP › 医療脱毛の確実な針脱毛法

医療脱毛の確実な針脱毛法

医療脱毛の種類は大きく分けて医療用レーザーと針脱毛(ニードル脱毛とも呼ばれます)があります。

レーザーが広く普及し安価な施術が可能となった近年では、針脱毛は時間と手間のかかる原始的な脱毛法の様に思われているかもしれません。
しかし針での確実な脱毛は、男性のヒゲなど色素の濃い毛や、デリケートな部分にも向いている方法なのです。
医療脱毛を正しく受ける為に、メリットとデメリットを理解して使い分ける事が大切です。

まずは針脱毛の仕組みを説明します。
広い範囲に光を当てるレーザーとは違い、針を使って毛乳頭の組織に直接電気を通して破壊する方法です。1本ずつ処理しますので、時間を要するのがデメリットですが、確実に生えてこなくなる永久脱毛です。
痛みを伴うのが最大の課題ですが、独自の技術により痛みを軽減、皮膚ダメージを最小限に抑える研究が日々進んでいます。

次に各方法の向き不向きについてもう少し解説します。
レーザーは広い範囲に光が当たってしまいますので、部分的な脱毛には向いていません。男性のお洒落ヒゲをデザイン通りに脱毛する場合、針がお勧めです。
ちなみに針で男女問わず人気なのは眉毛です。目元にレーザーを当てるのは危険を伴いますので、眉も針が向いています。
腕や脚など広い部分には圧倒的にレーザーの方がスピーディーで、ストレスなく処理出来ますので向いているでしょう。

このようにレーザーも針も一長一短があり、どちらが優れているというわけではありません。
広い範囲にはレーザー、頑固なムダ毛やデリケートな部分は針で確実に処理する合わせ技もあります。
医師と相談しながら正しく安全な医療脱毛を受けて下さい。