女性画像

脱毛クリニックのリアル裏話『東京脱毛クリニックストーリー

脱毛クリニックの受付で働いている私は、街を歩いていても職業柄つい人のムダ毛の具合に目が行ってしまいます。
モデルのような全身ムダ毛のないツルツルのお肌。そんな憧れの肌に近づこうと試行錯誤し、世のレディたちは全身脱毛に励んでいるのですが、脱毛方法も情報も多種多様で、いったい何が本当にいいのか悩んでしまいます。しかし、今やムダ毛のお手入れをしていない肌を露出するのもためらうほど、世の中には当たり前の如く「ムダ毛のない美肌」が溢れています。
でも、だからこそ目立ってしまうのです!ムダ毛処理していない肌が・・・
ですから美意識が高く、肌を見せることの多いセレブやモデルたちの中では、「きれいなムダ毛処理」を全身していることが今や常識となっていると言っても過言ではないでしょう。

最近では、エステの「光脱毛」やクリニックの「レーザー脱毛」が人気ですが、私の働いているクリニックでも全身脱毛に訪れる芸能人やモデルさんも後を絶ちません。新たな扉を開いた「医療脱毛」という信頼感や安全性が、“確かな安心脱毛”を求める人たちにとって認められているからなのかもしれません。

【脱毛クリニック受付嬢の脱毛法則のススメ!】

~法則1~『“脱!とりあえず的発想”が脱毛ジプシーから脱却の最短ルート』
「とりあえず安いエステなどに行ってみる」「とりあえず一か所だけ脱毛してみる」などの“とりあえず的発想”で失敗して、最終的にクリニックにやってくる人はどれだけ多いかご存知でしょうか?
そこでクリニックに来院した、ある読者モデルの彼女の裏話をお話しします。
読者モデルの彼女は、モデルたちと仕事をする機会に美意識の高さに驚きました。さらに露出も多い季節だったため、とりあえず驚く様な金額で脱毛を売り出しているエステで体験してみることにしたのです。しかし、体験後に高額なコースを勧められ提示された金額は、思っていたものとはかけ離れていたのでした。それでも撮影の為にと契約し通うことにしたのですが、都合のいい日に予約がほとんどとれず、そうこうしているうちに期限になってしまって結局通いきれなかったそう。そしてその後、しばらくしてモデル仲間に医療脱毛のことを聞いて来院したというわけなのです。
かなり遠回りをしてしまった彼女ですが、今は医療脱毛を終えて、自分に自信を持って活躍の場を広げています。

~法則2~『美を追求するなら“賢者の選択”をしよう~医療脱毛へのシフト~』
「エステは気軽に通える」「金額がクリニックより安い」「友達が通っているから」などの理由からエステの脱毛を選択する人がいるようです。もちろんエステの脱毛も“選択肢の一つ”としても良いと思います。
ここで以前来院した、ある大学生の彼女の経験をひとつ。
彼女は、大学に入ってからムダ毛が気になり今話題の光脱毛をしたいと考えていました。エステの光脱毛とクリニックのレーザー脱毛があることを知り、どちらにするか迷っていました。そこで、あるエステで光脱毛した友人に話を聞き、医療脱毛に決めたそうです。その友人の体験談は、「エステの光はマイルドなので時間がかかり、医療脱毛と違って認可もされていないのでパワーが全く違うらしい。しかも一か所やけどもしてしまい、うっすらと跡になってしまった。同じ時期に医療脱毛した子よりもかなり回数もかかったし、結局期限内に全部終わらなかった」ということでした。
実際、このようなことからクリニックでの医療脱毛を選ぶ人が増えているようです。確かにドクターがいればやけどの時やアフターケアの心配も少なくなりますし、脱毛は医療行為なので安心感があります。強引な勧誘や期限を設けていないクリニックもあるので、そういったところを賢く選んで、快適な「ムダ毛ゼロLIFE」を送って下さい。